<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH THIS SITE
RSS READER
LINKS
 古本関係の相互リンク歓迎です
ARCHIVES

古本買取りのご案内

神奈川県の古本屋【優楽書房】では、古本/CD/DVD/ゲーム出張買取りを行っています。
買取りが成立してもしなくても、迅速で気持ちの良い対応をこころがけております。
売却・処分をお考えの方、ぜひ、ご利用ください。

詳細はコチラ■出張買取りについてをご覧ください
<< 出張買取ー鎌倉にて | main | 新年のあいさつ >>

最近楽しみな文章

古本屋になってから、ほとんど本を読まなくなりました。
たまにペラッと見てみたりするのですが、続きません。
内容がただ過激なだけの本や、旬なテーマをうまく並べただけの本、
雰囲気だけのイージーリスニングみたいな本。
どうも楽しくありません。

そんな私ですが、最近楽しい文章に出会いました。
小学校一年生の息子が宿題で書いている3行作文です。
3行に足りなかったりもするのですが、
一文・一語が濃くて、言いたいことがビンビン伝わってきます。
予想を斜め上をいく、意外すぎる展開。
文法の誤りや拙い言い回しまでが、さらに圧倒的なパワーとなる。
大人がやると反則なんでしょうけど。
とにかく、次の新作はまだかー、早く読みたい。
こんな気持ちになる文章にまた出会えたのは幸せです。

こういうのを親バカというのでしょう。
一応、自覚してはいます。
この親バカ病にかかって何年にもなりますが、
全く治る気配がありません。
2011.11.05 Saturday 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 |