<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH THIS SITE
RSS READER
LINKS
 古本関係の相互リンク歓迎です
ARCHIVES

古本買取りのご案内

神奈川県の古本屋【優楽書房】では、古本/CD/DVD/ゲーム出張買取りを行っています。
買取りが成立してもしなくても、迅速で気持ちの良い対応をこころがけております。
売却・処分をお考えの方、ぜひ、ご利用ください。

詳細はコチラ■出張買取りについてをご覧ください
<< 古本屋は疲れました−勤続疲労 | main | 古本屋は名乗る−アマゾン屋号 >>

「無疑世粒很拭廖(_正信著

大学を都合7年かけてどうやら卒業できそうになった。
一応就職も決めた。イチオウだ。
どこでも良かった。

正直なところ、自分の道を見失っていて、
さまよい歩いて、疲れ果てていた。
ともかく、みんなが歩く広い道・正規ルート(卒業・就職)
へ出て一息つきたかった。

ただ、自分で正規ルートを外れて、
結局戻ってきたことには、
敗北感・挫折感でいっぱいだった。
投げやりな毎日だったと思う。

そんな時に、出合った本。(前置き長いね)
茅ヶ崎の図書館の農業コーナーだったと思う。
丁度トイレの脇の棚で、ふと、目に入った。
「無疑世粒很拭弩媚興いタイトルだが、
当時の僕が欲していたのは、こんな本だった。

内容は、「無機銑掘廚了杏作で福岡氏の提唱する自然農法の
中心的思想について書かれている。
現代の老子なんてキャッチコピーがついていたこともあったが、
わかりやすくいうとそんな感じだろう。

ただ僕は、当時も今もこの本をよく理解できていない。
だから、内容についてはあまり語ることはできない。
それでも、結局入った会社を1年で辞め、農業を志すように
なってしまうぐらいの力がある。

本屋によっては、哲学コーナーあるいは宗教コーナーに
置いてある。
福岡氏の著作では、「わら一本の革命」あたりが、
読みやすくて入りやすいかと思う。

人によっては駄本だと思うので、無理に薦めはしない。
僕にとっては、いろんな意味で人生を変えた本だ。

福岡正信著作一覧へのリンク(アマゾン)

↓押して頂くと、当サイトへの応援となります(一日一回有効)
人気blogランキングへ

古本出張買取〜神奈川県の古本屋〜優楽書房のトップへ戻る
2007.07.17 Tuesday 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | 気になる本 |