<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH THIS SITE
RSS READER
LINKS
 古本関係の相互リンク歓迎です
ARCHIVES

古本買取りのご案内

神奈川県の古本屋【優楽書房】では、古本/CD/DVD/ゲーム出張買取りを行っています。
買取りが成立してもしなくても、迅速で気持ちの良い対応をこころがけております。
売却・処分をお考えの方、ぜひ、ご利用ください。

詳細はコチラ■出張買取りについてをご覧ください
<< 古本屋は掃除する−マウス | main | 古本屋は叫ぶ−金か夢かわからない暮らし >>

生きぬくことは冒険だよ 長谷川 恒男

タイトルだけで励まされる、そんな本です。

10年ぐらい前に、図書館の放出品で偶然出会い
書棚におさまり続けています。
開いて読むことはなくても、
フト目にするタイトルだけで勇気が出てくる。

内容は、力強くて重い。
死と隣り合わせの登山家の言葉だ。
かと思うと、意外な人間臭さやユーモアがあったり。

登山家というのは、
最も死亡率が高い職業のひとつだろう。

たいがいの危険といわれる職業だって、
死亡率を下げる工夫やら努力をするものだ。

しかし、登山家はより死亡率の高い
挑戦を続けていくように見える。
実際に、長谷川氏も山で亡くなっている。

ところで、我々登山家でない人達も、
職業で死ぬことはなくても、
必ず死は訪れる。
人生においては必ず死が訪れる。

古本屋なんて死とは無縁の職業だ。
生き方がぬるくなってないかい。
生き抜いているか?冒険しているか?
そんなことを問いかけてくる本だ。

話はかわるが、古本屋は本に惚れてしまうと、
売りたくない本が増えて在庫だらけになってしまう。
優楽書房はかなりドライに、概ね最安値出品をしている。
しかし、この本は数少ない高値維持の本。
どうも、安くする気になれない。

生きぬくことは冒険だよへのリンク(AMAZON)

↓押して頂くと、当サイトへの応援となります(一日一回有効)
人気blogランキングへ

古本出張買取〜神奈川県の古本屋〜優楽書房のトップへ戻る
2007.07.13 Friday 15:14 | comments(0) | - | 気になる本 |