<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH THIS SITE
RSS READER
LINKS
 古本関係の相互リンク歓迎です
ARCHIVES

古本買取りのご案内

神奈川県の古本屋【優楽書房】では、古本/CD/DVD/ゲーム出張買取りを行っています。
買取りが成立してもしなくても、迅速で気持ちの良い対応をこころがけております。
売却・処分をお考えの方、ぜひ、ご利用ください。

詳細はコチラ■出張買取りについてをご覧ください

古本屋に泥棒

 昨年末ですが、泥棒に入られました。
被害は、プリンターのインク、買い物カゴ、タオル、ドアのガラスです。
ドアがガラス張りになっているので、ノブの脇を割り侵入したようです。

朝来ると引き出し類が全開になっていたのですが、
状況を飲み込むまでに数分かかりました。
警察を呼び、2時間ほど現場検証を行いました。
鑑識の人もいて、足跡や指紋採取はもちろんですが、
事務用引き出しの一つ一つの大きさまで記録するのには驚きました。
私の指紋も採ったのですが、各指・手のひらべっとり採ります。

侵入経路の本の山が崩れていなかったので、身軽な犯人です。
色々物色したようですが、買い物カゴにインクカートリッジ5本ぐらいと
本を拭くための化学繊維のタオル(全部でなく半分15枚くらい)を持って行ったようです。
腹いせにPCを壊したりされなくて、まだ良かったと思うしかないですね。
被害は少ないとはいえ、気分は落ち込みます。
2013.02.01 Friday 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 

出張買取-茅ヶ崎にて

 茅ヶ崎にて買取、200冊程。
暑かったことを思い出すので、かなり前です。
海外からの一時帰国での本の整理とのこと。
思い入れのあった本もあったようですが、
大丈夫だったのでしょうか。
まあ、あまり気にし過ぎると商売できなくなります。

「日本て、どこにいっても本屋さんがあるでしょ。
 いろんな国へ行ったけど、こんな国はないよ。」
と話されていたのを、ふと思い出しました。
帰国してみると、日本人はかなりの本好きと感じるそうです。
私を含め、とかく暗くなりがちな本業界は、
まだ世界に比べればマシだと思うべきなのかもしれません。

2013.01.29 Tuesday 10:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 出張買取りの記 | 

厳冬

 今朝も寒いですね。
人間は恒温動物のはずですが、始動に時間がかかります。

うっかりしていたら、1月も終わろうとしています。
自分のできることを、やっていこうと思います。

2013.01.28 Monday 10:24 | comments(0) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 

秦野では金環日食観られず

金環日食の前日の夜、「金環日食を観るグラスはありませんか。」
と電話がありました。
ちょっとびっくりしましたが、「ありません。申し訳ないです。」
とお答えしました。
うちに聞いてくるぐらいだから、
他のお店でも売り切れていたのでしょうか。

さて、私の子供たちは観る気マンマンで、
グラスもいくつか用意していたようです。
学校も登校時間を遅らせたりと異例の配慮でしたが、
秦野では天気が悪くて観られなかったようです。

私は、子供たちの落胆の声を布団から聞いていました。
金環日食も単に一直線に並ぶだけと知ってしまうと、
時間が11:11とかになるのを見るのと同じような感じですね。
起きて観ようという気にはなれませんでした。
知ることで人生をつまらなくしちゃってるのかも。
2012.05.22 Tuesday 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 

英書の多読

英書の多読でようやく100万語を達成しました。
多読は英語の学習法の一つで、
易しい英書を逐語訳せずに多く読むというもの。
100万語が一つの目標になっています。

記録によると、 3年半かけての達成です。
遅すぎて、もはや多読と呼べないからかもしれません。
それでも、続けた自分を誉めておきましょう。
「よくがんばった。」

将来は海外で古書店もいいかもしれないなあ。
と妄想ができるようになったのが、効果でしょうか。
2012.01.24 Tuesday 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 
<< | 2 / 44 PAGES | >>