<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
SEARCH THIS SITE
RSS READER
LINKS
 古本関係の相互リンク歓迎です
ARCHIVES

古本買取りのご案内

神奈川県の古本屋【優楽書房】では、古本/CD/DVD/ゲーム出張買取りを行っています。
買取りが成立してもしなくても、迅速で気持ちの良い対応をこころがけております。
売却・処分をお考えの方、ぜひ、ご利用ください。

詳細はコチラ■出張買取りについてをご覧ください

秦野では金環日食観られず

金環日食の前日の夜、「金環日食を観るグラスはありませんか。」
と電話がありました。
ちょっとびっくりしましたが、「ありません。申し訳ないです。」
とお答えしました。
うちに聞いてくるぐらいだから、
他のお店でも売り切れていたのでしょうか。

さて、私の子供たちは観る気マンマンで、
グラスもいくつか用意していたようです。
学校も登校時間を遅らせたりと異例の配慮でしたが、
秦野では天気が悪くて観られなかったようです。

私は、子供たちの落胆の声を布団から聞いていました。
金環日食も単に一直線に並ぶだけと知ってしまうと、
時間が11:11とかになるのを見るのと同じような感じですね。
起きて観ようという気にはなれませんでした。
知ることで人生をつまらなくしちゃってるのかも。
2012.05.22 Tuesday 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 

英書の多読

英書の多読でようやく100万語を達成しました。
多読は英語の学習法の一つで、
易しい英書を逐語訳せずに多く読むというもの。
100万語が一つの目標になっています。

記録によると、 3年半かけての達成です。
遅すぎて、もはや多読と呼べないからかもしれません。
それでも、続けた自分を誉めておきましょう。
「よくがんばった。」

将来は海外で古書店もいいかもしれないなあ。
と妄想ができるようになったのが、効果でしょうか。
2012.01.24 Tuesday 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 

古本屋、将棋にはまっています

子供たちが将棋を覚えたので、
一緒にやっているうちに自分もはまってしまいました。
といっても棋書を読んだりする時間はないので、
なんちゃって振り飛車で、たまにネットで対局するぐらいですが。

それにしても自分が子供の頃とは、時代が変わったなあと思います。
昔は将棋を指せる人がいないとできなかったけれど、
今はネットで同じぐらいの棋力の人と指すことができます。
また、将棋ソフトも昔は弱かったのに、
今は元名人に勝つぐらいになっています。

とりあえず、子供たちのちょっとした壁ぐらいになれれば、
というところです。
2012.01.23 Monday 10:33 | comments(0) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 

古本屋風邪をひく

 新年早々、風邪をひいてしまいました。
風邪への対処法は人それぞれだと思いますが、
大別すると強硬派、と軟弱派があります。

強硬派
風邪など気の持ちようでなんとでもなる、病は気から、
普段と変わらない生活をする、いやむしろ普段以上に頑張る

軟弱派
病には勝てません、おとなしく寝ます、
仕事も最低限・できればしたくない、完全病気モード

私は昔から断然軟弱派で、学校が休めるので風邪は
嫌いではありませんでした。
体温計を脇に挟んで、熱があるかどうか・・・
ドキドキしたものです。

ところが大人になると、そうそう仕事も休んでいられない。
熱が出るまでは強硬派で頑張り、熱が出始めたら休むということになります。

今回は、体調不良を感じてから2日ほど経ってからようやく熱が出ました。
2日準備して休む態勢は万全だったのですが、
熱が出てから数時間で引いてしまいました。
待望の熱だったのですが、なんとも拍子抜けです。
結局、正月から無休継続中です。

最近は熱が出るまでに時間がかかることが多い気がします。
免疫機能が風邪退治を面倒くさがって、
滅多なことでは熱をださなくなってるのかもしれません。
2012.01.11 Wednesday 20:22 | comments(2) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 

新年のあいさつ

 本年も古本屋としてがんばっていきたいと思います。

よろしくお願いいたします。
2012.01.11 Wednesday 11:36 | comments(0) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 

最近楽しみな文章

古本屋になってから、ほとんど本を読まなくなりました。
たまにペラッと見てみたりするのですが、続きません。
内容がただ過激なだけの本や、旬なテーマをうまく並べただけの本、
雰囲気だけのイージーリスニングみたいな本。
どうも楽しくありません。

そんな私ですが、最近楽しい文章に出会いました。
小学校一年生の息子が宿題で書いている3行作文です。
3行に足りなかったりもするのですが、
一文・一語が濃くて、言いたいことがビンビン伝わってきます。
予想を斜め上をいく、意外すぎる展開。
文法の誤りや拙い言い回しまでが、さらに圧倒的なパワーとなる。
大人がやると反則なんでしょうけど。
とにかく、次の新作はまだかー、早く読みたい。
こんな気持ちになる文章にまた出会えたのは幸せです。

こういうのを親バカというのでしょう。
一応、自覚してはいます。
この親バカ病にかかって何年にもなりますが、
全く治る気配がありません。
2011.11.05 Saturday 14:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 

在庫整理

ここの所、在庫整理を最優先事項にしてやっていたのですが、
だいぶ片付いてスッキリしてきました。

以前は、整理を後回しにしていた在庫の山があって、
見るだけで気が滅入るものでした。

整理を後回しにしていただけに、
面倒だったり手間がかかるものばかり。

でも少しずつ片付いてくると、心も少し軽くなる。
余分なモノを持たないって素敵なことです。
2011.09.13 Tuesday 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 

本をまたぐ

 小さい頃、本や新聞をまたいだりすると、
なぜかはわからなかったのですが、ひどく怒られました。
昔は紙自体が貴重品で、その紙に印刷された活字=文化・学問、
粗末にしてはいけないという辺りが第一感ですがどうなのでしょうか。

私は古本屋ですから、本をまたぐどころか、
大量に廃棄(紙リサイクル)しているわけで、
とんでもなく怒られそうです。
しかし、内容が陳腐化して引き取り手のない本は
誰かが処分しなければなりません。
紙出版の最盛期は過ぎたとはいえ、
今でもすぐダメになりそうな本が大量に作られています。

さらに今や、活字が乗る媒体は紙だけではなくて電子もあり、
コストはさらにに安くなり、たぶん内容もさらに安くなり、
誰でも簡単に発信できるようになりました。
私のような者でもブログで書いているわけです。

昔に比べると、どうでもいいことが活字になって流れることで、
活字のパワー・ありがたみは落ちているでしょう。
数十年で、本や新聞をまたいでも何も言われなくなるかもしれません。
それとも、またぐ本や新聞がなくなる方が先でしょうか。

本がなくなれば、古本屋も廃業でしょう。
もうしばらく古本屋を楽しみたいのですが、
いつまでできるでしょうか。
あと5年はいけると見ますが、20年は厳しいかと。
2010.11.09 Tuesday 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 

冬も終わりー古本屋の近況

寒かったのでブログはお休みしておりました。

しばらく走っていませんでしたが、また走り始めました。

確定申告が終わると、ほっとします。

この冬で体重が3kg増えていました。

暖かくなって気持ちがゆるんできました。

暑いのが好きです。
2010.03.24 Wednesday 14:59 | comments(0) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 

読書の秋、古本屋とは

 いつの間にやら読書の秋になっています。
最近私は、数年に一度かかる英語熱にかかっておりまして、
時間があると英書を読んでいます。
といっても学習者向けの易しい本です。
早く読み応えのある面白い本を読めるといいのですが。

古本屋業としましては、相変わらず本の整理の毎日。
古本屋とは?と聞かれたら、
・本を買って売る
・本の整理整頓をする
こんなとこじゃないかなあと思います。

シンプルなことでも基本的なことができていると、
すごいなあと思います。
個性的な古本屋さんに対する憧れはありますが、
埋没した無個性な古本屋でも基本的なことが
できていればいいのではないかと。
それだけできていないだけなんですけど。
まずはそこから。
2009.09.15 Tuesday 17:24 | comments(5) | trackbacks(0) | 古本屋の日記 | 
<< | 2 / 13 PAGES | >>